フランス語国際放送 TV5MONDE スタッフブログ

tv5monde.exblog.jp ブログトップ

アメリー・ノートン原作の演劇を日本語字幕つきで!

e0190343_903145.jpgYoukikiです。こんにちは。
みなさん、フランスでお芝居を見に行った経験はありますか? わたしは、あります♪
ネットでお手軽にチケットを購入し、当日劇場に足を運び、わくわくしながら自分の席を見つけて着席し、開演を待つ・・・。
そして、いざ舞台が始まると・・・
「へえ、セットはこんな感じだな」「役者さんたち、演技上手!」「照明がきれい!」などと数分の間感想を思い浮かべた後・・・

超・バク睡!
気がついたら、1時間も眠っていました・・・。

そんな経験が、わたしは2度や3度ではありません。ナサケナイ・・・

睡魔の一番の理由、それは、何を隠そう、フランス語です。
演劇のフランス語は、ネイティブスピーカーでないわたしのような人間には、ほんとうに、聞き取れない!映画のフランス語なら、まだしもついていけるし、場合によっては字幕なしでもけっこう、楽しめます。ネイティブどうしの会話も、早くて聞き取れなければ思い切って割って入って「ゆっくり喋ってね」と言えばいい。
でも、演劇のフランス語は、ほんとうに、ほんとうに、理解ができないことが多々あります。内容がわからないものだから、「終わり」がわからない。観客がスタンディング・オベーションで「ブラヴォー!」と喝采しはじめてようやく、「終わり」に気付き、3秒遅れで拍手を始めるときの情けなさたるや・・・

そんなわたしが、ここのところずっと楽しみにしていた劇場中継の番組が、今晩(2月6日)19時に放送予定です。
HYGIENE DE L'ASSASSIN
殺人者の健康法
著名な小説家、プレテクスタ・タック。ノーベル文学賞作家で、著作数は22点。その彼が、不治の病にかかってしまう。人間嫌いの彼が、死の直前、世界中のジャーナリストからインタビューを求められて……。アメリー・ノートン原作の舞台。
演出 : Pierre Santini
作 : Amélie Nothomb
翻案 : Philippe Jeusette & Alexandre Trocki
監督 : Coralie Pastor
出演 : Daniel Hanssens, Vincent Lecuyer & Valérie Marchant
収録劇場: théâtre Le Public à Bruxelles & au Théâtre de Namur(2008年).
アメリー・ノートンといえば、自身日本で暮らしたこともあり、日本の社会を独自の視点からみつめた小説「Stupeur et tremblements(畏れ慄いて)」を読んだ方もおられることでしょう。
彼女が原作を書いた舞台作品が、日本語字幕つきで見られるのです!

しっかりとした原作のある舞台だからこそ、ことばの多い舞台となることは必至で、となると自分のフランス語力では理解できないかもなあ・・・と嘆くことはありません。
字幕つきでしっかりお楽しみください。
ひょっとしてひょっとすると、たとえば来日公演など、舞台と字幕のスクリーンの二つを目をぎょろぎょろさせながら往復するよりも、ずっと「ラク」に内容がわかって楽しめるかも!?

本日19時からの「殺人者の健康法」で、とっておきの劇場体験をどうぞ!
[PR]
by tv5monde | 2010-02-06 09:00 | 24時間放送 おすすめ番組
line

フランス語国際放送「TV5MONDE Japon」の運営スタッフによるブログ。TwitterアカウントはTV5MONDEjaponです!


by tv5monde
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite