フランス語国際放送 TV5MONDE スタッフブログ

tv5monde.exblog.jp ブログトップ

ひと口仏文法メモ:複合過去の未来完了用法

Bonjour,

みなさん、フランス語の勉強は進んでますか?

フランス語の動詞体系は複雑で、一通りマスターするまでかなりの時間と
労力を費やさなければならず、それでフランス語をあきらめたり嫌いになって
しまう人も少なくありません。

活用を覚えることは暗記に関わることですが、それぞれの時制や法の用法
は、理解しなければなりません。教科書や文法書はどれも似たり寄ったりの
説明や例文が載っていて、何となくわかったようなわからないような。。。

実際の使い方を体得するには、結局フランス語をたくさん聞き、読むことしか
ないのかもしれません。

フランス語の時制で直説法現在、近接未来・過去の次に学ぶのは直説法
複合過去というのが通常の順番になっています。複合過去の用法は大抵
1)過去の行為・動作
2)完了
3)経験
4)行為の結果としての状態
というふうに比較的シンプルに説明してあります。実際、直説法半過去が
出てくるまでは使い方で悩んだりすることはなく「した」「してしまった」「した
ことがある」などと、今より前に終わったこと、済んだことに使います。

ところが、複合過去はときどき今より先、未来のことに使うことがあるのです。

先ほど見ていた TELEMATIN の冒頭で、いつものようにお天気キャスター
がフランスのMétéo をやっていました。なにしろ時間が限られているので
早口で天気予報をするのですが、時間が押してきたお天気おねえさん、

Attention, j'ai bientôt fini ! 「はい、すぐ終わりますから!」

と言ってました。この文の複合過去は朝倉文法の記述を借りれば
「正に行われようとする行為をすでに行われたものとして表現する時」
つまり前未来(Futur antérieur)の価値を持っているのです。

この用法のもう一つの例文を挙げてみます。映画『ぼくセザール10歳半
1m39cm』の中で主人公の小学生セザールが父が警察に捕まったと早とちり
し、学校中にそのうわさが広まったことがばれてお仕置きのため田舎の
祖父母の家にしばらく預けられる場面です。親友のモルガンや密かに思いを
寄せる美少女サラと一週間も会えないことを考えながら、延々と続く田園の
一本道を行く車の中でセザールは la campagne, c'est beau, mais qu'est-
ce que c'est loin (田舎は良いところだけど、なんて遠いんだ)と心の中で
つぶやきつつ、両親に

On est bientôt arrivés ? (そろそろ着く?)

と聞きます。ママが Bientôt, chéri. (ええ、もうすぐよ)と答えるのですが
これも全く同じ、退屈して「まーだー?」という気分が表れているでしょう。

À bientôt !
[PR]
by tv5monde | 2010-03-03 15:51 | こんな言い方・あんな表現
line

フランス語国際放送「TV5MONDE Japon」の運営スタッフによるブログ。TwitterアカウントはTV5MONDEjaponです!


by tv5monde
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite