フランス語国際放送 TV5MONDE スタッフブログ

tv5monde.exblog.jp ブログトップ

ニューフレンチミュージックシーンの旗手たち、セルジュ・ゲンスブールを歌う

セルジュ・ゲンスブールがなくなってから今年で19年になります。3月2日はゲンスブールの命日。フランスとフランス語圏のミュージシャンのスタジオライブ&トーク番組 « Acoustic »(司会: Sébastien Folin) はフレンチミュージック界人気アーティスト9名がゲンスブールの曲をカヴァーする追悼特集を放送します。

e0190343_143936.jpg

放送日: 2月27日(土) 18:31,  2月28日(日)12:31
出演ミュージシャンのプロフィールと曲目紹介:


- バンジャマン・ビオレ (Benjamin Biolay), 『メロディー・ネルソンのバラード』 (« La ballade de Melody
Nelson »)
作曲家・ミュージシャン・プロデューサー。妹のコラリー・クレモン(Colarie Clément)も歌手。名優マルチェロ・マストロヤンニの娘で女優のキアラ・マストロヤンニと結婚したが離婚。現代フランスを代表する売れっ子プロデューサー。


- ヴァンサン・ドレルム (Vincent Delerm), 『ジョニー・ジェーンのバラード』 (« La ballade de Johnny Jane »)
シンガーソングライター・アレンジャー。父は作家、母は絵本のイラストレーターという芸術家一家に生まれ、日常の由無し言を軽妙かつ知的に表現する歌詞が特徴。


- ジュリアン・ドレ (Julien Doré), 『ウルグアイのSS』 (« SS in Uruguay »)
1982年Alès生まれ。2007年にフランスのテレビ局M6で放送された人気音楽番組Nouvelle Star の優勝者。2008年6月に発表されたファーストアルバム『Ersatz』では、セルジュ・ゲンズブールの名曲、「SS in Uruguay」をカバーし話題を呼んだ。またビデオクリップも高い評価を集めた。同アルバムは、2009年度フランス音楽大賞 « Victoires de
la musique » の「アルバム新人賞(Album révélation de l’année)」部門を受賞している。

- ゴンザレス (Gonzales), 『リラの門の切符切り』 (« Le poinçonneur des Lilas »)
フランスポピュラー音楽界の鬼才といわれるピアニスト。

- グレース (Grace), 『ささいなこと』 (« Ces petits riens »)
カナダ生まれのアメリカ人女性フォーク・ソウルシンガー。2008年6月のの『音楽の祭典』(la Fête de la musique)で一躍注目を浴び、”Imagine One day”は2009年春Play listで最も多く視聴された曲の一つ。2009年夏のツアー
(Francopholie, Montreux…)で大ブレイク。

- イブライム・マールフ (Ibrahim Maalouf), « Requiem pour un con »
1980年ベイルート出身のfranco-libanais. 知識人、芸術家一家に生まれる。トランペット奏者・ピアニスト・作曲家・アレンジャー。クラシック音楽からジャズ・フュージョンまで幅広いジャンルをカヴァー。多数の有名ミュージシャンとコラボレーションしたが、2007年のヴァンサン・ドレルムのツアーへの参加が特に注目された。2005年から2006年にかけて撮影されたドキュメンタリー Soufle ! は出身地レバノンへに対するマールフの思いを詩的につづった秀作でTV5MONDEで放送され、Docnet films (www.docnet.fr) からDVDが出ている。
.
- アリアン・モファット (Ariane Moffatt), « Fuir le bonheur de peur qu'il ne se sauve »
1979年ケベック出身の女性シンガー。大学でジャズ歌唱を学んだが、その後ポップス、ロックに転向。音楽的にはベン・ハーパー、バシュング、ケレン・アンらの影響を受けたと語っている。2004年FrancoFolies de Montréalでマチュー・シェディッド(M)と出会い、彼の誘いでフランスで音楽活動をするようになる。2006年にはパリのオランピア劇場でアラン・スーションと共演。2010年3月6日、パリのZénithで行われる第25回フランス音楽大賞 (25e Victoires de la
musique)で新人アーティスト・グループ、ステージ賞にノミネートされています。

- クールドピラート (Coeur de Pirate), « Je suis venu te dire que je m'en vais »
「海賊の心」というステージネームをもつこのシンガーの本名はベアトリス・マルタン (Béatrice Martin)、1989年ケベック生まれの女性シンガーです。母親はプロのピアニストで、彼女も3歳の時からピアノを弾きはじめ、コンセルヴァトワールに入学しましたが14歳でやめてしまいました。その後キーボード奏者に転向して。2009年2月シングル Comme des enfants がケベックでヒットチャート1位に。MyspaceやTwitterなどのメディアで話題になり、ヴァンクーヴァーオリンピックの公式スポンサーCoca-Cola とのコラボレーションは大きな注目を浴びて一躍時の人となりましたが、19歳当時のヌード写真流出などお騒がせな部分もあり、本人も「若気の過ち」と認めています。

- エミリー・シモン (Emilie Simon), ジャヴァネーズ (« La Javanaise »)
1978年モンペリエ生まれ。エレクトロ・ポップの作詞作曲家・歌手。コンセルヴァトワールで7年間歌唱を学びますが、この経験は彼女にとってあまり楽しいものではなかったようです。その後パリ・ソルボンヌで音楽学、l’IRCAMで電子音楽を学び、現代音楽のDEA(高等教育免状、現在はMaster)を取得しました。2003年に発売したアルバム Émilie Simon は2004年のフランス音楽大賞エレクトロニックアルバム部門最優秀賞を獲得しました。また2006年には映画『皇帝ペンギン』の音楽で同音楽大賞の最優秀映画音楽賞を受賞。翌2007年はアルバム « Végétal » で最優秀エレクトロニック・グルーヴ・ダンス賞と、受賞歴を重ねています。アングロサクソンのミュージシャンの影響も(Kate Bush、Animal
collective、Gossip、Gang Gang Dance etc.)強いようです。
[PR]
by tv5monde | 2010-02-28 01:53 | 24時間放送 おすすめ番組
line

フランス語国際放送「TV5MONDE Japon」の運営スタッフによるブログ。TwitterアカウントはTV5MONDEjaponです!


by tv5monde
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite