フランス語国際放送 TV5MONDE スタッフブログ

tv5monde.exblog.jp ブログトップ

パリで料理教室:ギィ・マルタンのアトリエ

10月15日から新番組ÉPICERIE FINE が始まりました。

パリの三つ星レストラン Le Grand Vefour シェフGuy Martinが
案内役になり、フランス各地の食材を紹介する番組です。

第一回目はトリカスタン産黒トリュフが主人公でした。

ところでこのシェフはパリ8区のメトロMiromesnil近くにアトリエを
持っています。そこでは定期的に料理教室が開かれ、各種イベントも
行われています

8月の終わりにパリに行ったとき、Atelier Guy Martin の料理教室に
参加してみました。ウェブページから申し込みをした時点では新番組の
ことを全く知らなかったので、偶然とはいえ何か縁というようなものを感じ
ざるを得ませんでした。

私が参加した日のテーマは Un menu une région. Une région
à l'honneur. Sucré et salé BORDEAUX. ということで、ボルドー
がフィーチャーされていたのです。弱いくせにワイン好きの筆者はシメた、
これは期待できそうと、迷わず申し込んだのでした。

ちなみに sucré et salé は文字通りの意味は「甘味と塩味」ですが、
それで菓子・デザートと料理を指します。

Menu 献立
Entrée : Huîtres gratinées au sauterne, poireaux en fondue
アントレ:牡蛎のソーテルヌ風味グラタン、ポロ葱フォンデュ添え

Plat : Magret de canard rôti, figues au vin rouge et son jus au
galanga, ses cuisses confites
メイン:鴨のささみローストともも肉のコンフィ、イチジクのガランガ風味ソースがけ

e0190343_8432348.jpg


Dessert : Le cannelé bordelais, poires au vin rouge épicé en
sorbet
デザート:ボルドーのカヌレ、洋梨のスパイス風味赤ワイン煮とシャーベット

e0190343_8442192.jpg


見てるだけで L'eau à la bouche (よだれがじわー)となりませんか?
このメニューを二時間で作り、試食となります。もちろん下ごしらえや時間が
かかる行程は全てスタッフによって準備されているのですが、参加者は見てる
だけではなく一通りのことはするので、なかなか充実した時間が過ごせます。

一緒に参加していた人の国籍はアメリカ、カナダ、インド系オーストラリア人
などで、chef de formation(先生シェフ)が英語にフランス語を交えて
優しく教えてくれました。

今まで料理本で見て言葉として知っていた動作や道具類を実践し、実際に
使うのは新鮮な経験でした。

たとえば ciseler という動詞。タマネギをみじん切りにするとき始めにヨコに
ナイフを入れていくのですが、そのとき根本まで切らないことでばらばらになる
ことを防ぎ、その後タテに切っていって、最後に垂直方向に切ることでさいの目
になります。これは習熟が必要な技術です。フレンチのシェフはまな板をトントン
させずにそーっとしかも素早く歯をまな板に滑らせる感じで切っていきます。

entonnoireやchalumeauという道具も初めて使いました。前者はカヌレの
生地を型に流し込むとき(たこ焼きそっくり!)後者は牡蛎にかけたサバイヨン
ソースの表面をこがすバーナー。sorbetièreでイチジクのソースがまたたく
間にシャーベットに。




とても convivial な雰囲気で自分たちで作った力作を食べるのは格別の楽しさ
がありました。あえて連絡先は聞かず、料理を介して一期一会の出会いと別れを
味わった二時間は、パリの思い出の1ページになりました。料理教室はプレゼント
することもできます。実際カップルで参加してた人たちはパリ在住の兄弟から
プレゼントされたといってました。洒落た贈り物ですね。

Atelier Guy Martin
35 Rue de Miromesnil
75008 Paris
01 42 66 33 33

http://www.atelierguymartin.com/fr/infos-pratiques.html
[PR]
# by tv5monde | 2011-10-17 22:17 | グルメお勧め

L'osmothèque de Versailles

八月末から九月初めにかけて一週間ほどフランスでヴァカンスしてきました。

今回の旅は今までとちょっと違ったものにしたいと思い、かねてから気になっていた
ある場所に行ってみました。

一つ目はヴェルサイユにある l'osmothèque

オスモテーク、聞き慣れない言葉ですね。
ギリシア語の「におい、嗅覚」osm(o)と「ライブラリー、保管場所」thekeが
組み合わさった言葉で、文字通り香りを保存する香水図書館といった場所です。

まず、この場所を知ったいきさつから。普段からフレグランスを多用しているわけでは
ないのですが、parfum 芳香, odeur におい、香りには人一倍敏感だと自負して
いました。映画『パフューム ある人殺しの物語』にも大変心惹きつけられ、舞台の一つ
になっている南仏 Grasse はいつか是非訪れたいと思っていました。

TV5MONDEのライフスタイル番組でもしばしば香水が取り上げられますが、Mains
et Merveilles(匠の技)という一流職人を紹介する番組で女性調香師が登場する
回がありました(Partrait de Mathilde Laurent - Parfumeur chez Cartier
調香師は女性でも parfumeuseではなくparfumeurと男性形を使うようです)

カルティエ社の専属調香師マティルド・ロランが自身のプロフィールを語っている中で
ヴェルサイユの"イズィプ(ブ)カ"なる学校で香水の勉強をしたとあったのです。これ
は何らかの略称であろうと思い、適当なキーワードとアルファベットで検索したところ
ISIPCA (Institut supérieur international du parfum, de la cosmétique
et de l'aromatique alimentaire) がヒットしました。そして、同じ場所に香水保存館
があることもわかりました。

それは世界中の観光客で一年中賑わっているヴェルサイユ宮殿からは少し離れた
閑静な住宅街にあり、講習会参加者は13人前後だったでしょうか、ほぼ全員が
フランス人でした。香水の歴史、香水の基本原料といったイニシエーション的レクチャーを
受け、メインイベントであるテスティングをします。年代順に一番古いものでは2000年前
のエジプトの香水を再現したものから現代まで、20種類ほどの香りをsentirしました。
それぞれの mouillette (ムエット、香水テスター紙)は小袋に入れて持ち帰ることができ
ます。

e0190343_933183.jpg


テストした香水の、名前と主要ノート:

Parfum royal 古代エジプトの香り cannelleシナモン, girofleクローブ, miel蜂蜜
vinagire ビネガー romarin et ail ローズマリーとニンニク
Eau de la Reine de Hongrie ハンガリアンウォーター(14世紀) ローズマリー
Le Chypre シープル Coty 「キプロス島」という意味。 Bergamote, Mousse de
chêne オークモス etc.
Rose bulgare ブルガリアンローズ
Jasmin de Grasse グラース産ジャスミン
Ambre doux ソフトアンバー ambreとはヴァニラ、ムスク、安息香酸などのノート
Eau de Cologne J.M. Farina ヨハン・マリーナ・ファリナのオーデコロン(18世紀)
Fougère royale フゼア・ロワイヤル par Houbigan (1882) フランス語の発音は
             フージェールでシダ類。ラベンダーとこけの香りをベースにした香料を
             指す。
La rose Jacqueminot ローズ・ジャックミノー Coty (1904) 伝説的香水
Crêpe de Chine 「中国の縮緬」という意味(1920年代)
Cuir de Russie 「ロシアの皮」 Chanel (1925) créé pa E. Beaux
Vent Vert Balmain (1945) 「緑の風」という名の爽やかな香り グリーン系、蜂蜜
Iris Gris 「灰色のアイリス」 J.Fath (1947)
Vetiver Carven (1957) カルヴェンのヴェティヴェール
Fruit defendu 「禁断の果実」

これらのブランドの多くは廃番になって市場には出回っていないもので、
osmothèqueでformuleが保存、再現されているという貴重なものです。

最初のほうで嗅がせてもらった、缶に入った動物の毛皮らしきものの匂いは
「気をつけて下さい。ちらっと嗅ぐだけですよ。SAMU(救急車)を呼ばなければ
ならなくなりますからね」という講師の警告付き。なるほど、得も言われぬ悪臭
で、専門用語ではスメリングというらしいですが、こればかりは「嗅ぐ」がぴったり
の臭いでした。そのほかにもフレグランスと言うより香辛料入り酢そのもののような
香りもあり、次々とスメルしているうちにだんだん臭覚が飽和状態になり麻痺して
きて、これを仕事にするのはなかなか大変かも知れない、趣味程度で十分だわ
と思ってしまいました。

ヴェルサイユ観光のついでに、奥深い香りの世界の入り口に立つ経験は
いかがでしょう。

こんなにも面白いところに行くきっかけを作ってくれたTV5MONDEにあらためて
感謝です。


OSMOTHÈQUE - CONSERVATOIRE INTERNATIONAL DES PARFUMS
36 rue du Parc-de-Clagny, Versailles 78100
Tel +33 (0) 1 39 55 46 99
http://www.osmotheque.fr/osmotheque



レクチャールームの一角
[PR]
# by tv5monde | 2011-09-17 15:24 | スタッフよもやまばなし

ventouser

2011年6月4日放送回の7 jours sur la planète のニュースの中で
Des tournages qui coûtent cher という映画関係のルポルタージュが
ありました。その中である撮影クルーがインタビューに答えてこう言って
います:
Il faut payer partout. C'est-à-dire que là, la taxe de la mairie
pour tourner dans cette école, c'est 1 200 euros. Il faut savoir
qu'il y a tout ce qui va autour : il faut payer le stationnement,
faut ventouser les rues pour pouvoir garer nos camions.
(何でも有料です。たとえばこの学校での撮影は市役所(区役所?)に
税金を払わないといけません。1200ユーロです。ほかも、あらゆることに
お金がかかるんですよ。駐車料金とか、撮影用トラックを駐めるのに事前に
スペースを確保しなければなりませんから)

下線部の動詞 ventouser はもともと外科用語で、患部の鬱血を取るために
中を真空にして皮膚に当て小出血を起こさせる(ヒルの原理)小さなガラス
カップ『吸角』(ventouse)から来ています。それが映画関連用語になり、
ventouser une lieu で"réserver (plusieurs heures à l'avance) de
l'espace au tournage futur qui doit se dérouler en ce lieu"(上の
訳参照)の意味になったんです。とくに、通りでの撮影のために歩道に沿って
縦列駐車してある車両を排除することのようです。ventouseurは撮影の前日
にその場所に行き、駐めてあった車が出た後を大事に確保するという役を
負っています。そして確保したスペースに自分たちのvoitures-ventousesを
代わりに駐めたり、目印のコーンを立てたり"rubalise"という赤白で目立つ
リボンで囲い、縄張りを主張するのだそうです。けっこうタフそうな仕事で
確かにお金もかかりそうです。

参考にしたサイトLICELFOC:
http://licelfoc.com/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=43&Itemid=58
[PR]
# by tv5monde | 2011-06-14 11:56 | こんな言い方・あんな表現

Quand la passion tue... 恋愛による殺人

Ça fait longtemps... ずいぶん御無沙汰してしまいました。

今日は久々に文法の話をしてみようと思います。というのも番組表の解説文を見ていて、普段からときどき気になっていた動詞の使い方が目についたからです。

シリーズ社会情報番組COMPLEMENT D'ENQUETE(補完捜査)の今週のテーマは Crime passionnel,
adultère : quand l'amour rend fou (情熱による殺人、不倫:愛が人を狂気に駆り立てる時)とかなり直訳っぽく訳してみましたが、rendre fou は誰か(何か)が誰かを狂わせるという意味でここでは直接目的語がなく、誰を狂わせるかはっきりしません。日本語は代名詞がなくても平気な言語なので訳す時とくに問題は生じませんが、文法的にはちょっと気になる用法です。

この番組の説明にはもう一つ同じような例がありました。Quand la passion tue.(熱愛が人を殺す時;恋愛による殺人) これも、他動詞 tuer が complément d'objet direct ( 直接目的補語、以後COD) なしで使われています。

そこで、直接目的語がない他動詞の文について考えてみることにしました。

文法用語で言うと、これは l'emploi absolu des verbes transitifs (他動詞の絶対的用法)と呼ばれるものです。ふつう他動詞は直接目的補語をとることになっていますが、じつは多くの他動詞はCODなしで自動詞のように使うことができるのです。他動詞の絶対的用法には大きく分けて二つの場合があります。
1.CODが文脈によって決まってくるもの:
Paul ne viendra pas. ポールは来ないよ。
- Je sais. (qu'il ne viendra pas) (彼が来ないことを)知ってる。

2.CODは全く文脈に依存せず、特定のものを指さない。つまり一般的に推し量られるもの。
Elle aime manger et boire. 彼女は飲み食いするのが好きだ。
Mon fils qui a cinq ans sait déjà lire et écrire. うちの5歳の息子はもう読み書きができる。

上の文の動詞 manger, boire, lire, écrire はそれぞれ他動詞ですが、目的語は食べ物、飲み物、本などの読み物、字、と決まっていますから、そういう場合は目的語をわざわざ言う必要はないわけです。

これら二つの用法のうち、COMPLEMENT D'ENQUETE の番組解説にある rend fou や tue はとくに文脈に依存するものではなく、一般的に les gens (人を)と考えて差し支えないでしょう。その他、しばしば見かける enploi absolu des verbes transitifs の例をいくつかあげてみます。

"Fumer tue" 喫煙で死にます(タバコは重大な健康被害を引き起こす可能性があります);何と直接的な言い方!

Un romancier qui produit beaucoup. 多作な小説家

J'abandonne. 諦めた

Ma grand-mère voit bien mais n'entend pas. Je lui crie tout le temps. 祖母は目は良く見えるが耳が聞こえない。いつも大声で話してる。

最後の voir, entendre は faculté (能力)を含み「見える」「聞こえる」と訳すのが普通ですが、この「…できる」という日本語をフランス語にする時けっこう間違いやすく、小食の人を「彼女は食べれないし飲めない」というとき
Elle ne mange pas, elle ne boit pas. と言って、 Elle ne peut ni manger, ni boire. とは言わないんですね。後者だと何らかの理由で(たとえば明日胃の検査をするとか)食べることも飲むこともできない、という場合です。自動詞の場合でも 「昨夜一晩中眠れなかった」というときは、
Je n'ai pas dormi de la nuit. と言って、pouvoir は使いません。使うと何らかの外的要因が眠ることを妨げたという意味になります。

最後は少しテーマからずれてしまいましたが、直接目的語がない他動詞の文がけっこうある、という話でした。
[PR]
# by tv5monde | 2010-04-18 15:50 | こんな言い方・あんな表現

ひと口仏文法メモ:複合過去の未来完了用法

Bonjour,

みなさん、フランス語の勉強は進んでますか?

フランス語の動詞体系は複雑で、一通りマスターするまでかなりの時間と
労力を費やさなければならず、それでフランス語をあきらめたり嫌いになって
しまう人も少なくありません。

活用を覚えることは暗記に関わることですが、それぞれの時制や法の用法
は、理解しなければなりません。教科書や文法書はどれも似たり寄ったりの
説明や例文が載っていて、何となくわかったようなわからないような。。。

実際の使い方を体得するには、結局フランス語をたくさん聞き、読むことしか
ないのかもしれません。

フランス語の時制で直説法現在、近接未来・過去の次に学ぶのは直説法
複合過去というのが通常の順番になっています。複合過去の用法は大抵
1)過去の行為・動作
2)完了
3)経験
4)行為の結果としての状態
というふうに比較的シンプルに説明してあります。実際、直説法半過去が
出てくるまでは使い方で悩んだりすることはなく「した」「してしまった」「した
ことがある」などと、今より前に終わったこと、済んだことに使います。

ところが、複合過去はときどき今より先、未来のことに使うことがあるのです。

先ほど見ていた TELEMATIN の冒頭で、いつものようにお天気キャスター
がフランスのMétéo をやっていました。なにしろ時間が限られているので
早口で天気予報をするのですが、時間が押してきたお天気おねえさん、

Attention, j'ai bientôt fini ! 「はい、すぐ終わりますから!」

と言ってました。この文の複合過去は朝倉文法の記述を借りれば
「正に行われようとする行為をすでに行われたものとして表現する時」
つまり前未来(Futur antérieur)の価値を持っているのです。

この用法のもう一つの例文を挙げてみます。映画『ぼくセザール10歳半
1m39cm』の中で主人公の小学生セザールが父が警察に捕まったと早とちり
し、学校中にそのうわさが広まったことがばれてお仕置きのため田舎の
祖父母の家にしばらく預けられる場面です。親友のモルガンや密かに思いを
寄せる美少女サラと一週間も会えないことを考えながら、延々と続く田園の
一本道を行く車の中でセザールは la campagne, c'est beau, mais qu'est-
ce que c'est loin (田舎は良いところだけど、なんて遠いんだ)と心の中で
つぶやきつつ、両親に

On est bientôt arrivés ? (そろそろ着く?)

と聞きます。ママが Bientôt, chéri. (ええ、もうすぐよ)と答えるのですが
これも全く同じ、退屈して「まーだー?」という気分が表れているでしょう。

À bientôt !
[PR]
# by tv5monde | 2010-03-03 15:51 | こんな言い方・あんな表現

セザール賞授賞式中継/本日フランス映画三昧!

今日のTV5MONDEは映画三昧ですよ!
目玉は、なんといっても、セザール賞セレモニーを3時間にわたり中継(録画)。
他にも映画情報や日本語字幕付き映画等、目白押し!
フルスクリーン高画質で動画ライブ配信するので、ネットとWINDOWSかMACパソコンで今スグ視聴できます! 詳細はTV5MONDEサイトへ。

e0190343_1426916.jpg18h30LUMIERE ET CAMERA フランス映画最新情報
19h~22hセザール賞授賞式
22h短編映画LE BUREAU DES JOURS PERDUS忘却の日々事務所(日本語字幕)
22h30LE PLAT A GRATIN グラタン皿(日本語字幕)

短編映画の「忘却の日々事務所」は、とても面白い!コレ絶対見る価値あります!

また、毎年恒例TV5MONDEからのフランス映画祭(3月18日〜22日TOHOシネマ六本木)鑑賞チケットプレゼント開始しました!ぜひご応募下さい! 詳細はこちら。http://www.tv5.org/cms/japon/p-1042-lg7--.htm
[PR]
# by tv5monde | 2010-02-28 14:15 | 24時間放送 おすすめ番組

ニューフレンチミュージックシーンの旗手たち、セルジュ・ゲンスブールを歌う

セルジュ・ゲンスブールがなくなってから今年で19年になります。3月2日はゲンスブールの命日。フランスとフランス語圏のミュージシャンのスタジオライブ&トーク番組 « Acoustic »(司会: Sébastien Folin) はフレンチミュージック界人気アーティスト9名がゲンスブールの曲をカヴァーする追悼特集を放送します。

e0190343_143936.jpg

放送日: 2月27日(土) 18:31,  2月28日(日)12:31
出演ミュージシャンのプロフィールと曲目紹介:


- バンジャマン・ビオレ (Benjamin Biolay), 『メロディー・ネルソンのバラード』 (« La ballade de Melody
Nelson »)
作曲家・ミュージシャン・プロデューサー。妹のコラリー・クレモン(Colarie Clément)も歌手。名優マルチェロ・マストロヤンニの娘で女優のキアラ・マストロヤンニと結婚したが離婚。現代フランスを代表する売れっ子プロデューサー。


- ヴァンサン・ドレルム (Vincent Delerm), 『ジョニー・ジェーンのバラード』 (« La ballade de Johnny Jane »)
シンガーソングライター・アレンジャー。父は作家、母は絵本のイラストレーターという芸術家一家に生まれ、日常の由無し言を軽妙かつ知的に表現する歌詞が特徴。


- ジュリアン・ドレ (Julien Doré), 『ウルグアイのSS』 (« SS in Uruguay »)
1982年Alès生まれ。2007年にフランスのテレビ局M6で放送された人気音楽番組Nouvelle Star の優勝者。2008年6月に発表されたファーストアルバム『Ersatz』では、セルジュ・ゲンズブールの名曲、「SS in Uruguay」をカバーし話題を呼んだ。またビデオクリップも高い評価を集めた。同アルバムは、2009年度フランス音楽大賞 « Victoires de
la musique » の「アルバム新人賞(Album révélation de l’année)」部門を受賞している。

- ゴンザレス (Gonzales), 『リラの門の切符切り』 (« Le poinçonneur des Lilas »)
フランスポピュラー音楽界の鬼才といわれるピアニスト。

- グレース (Grace), 『ささいなこと』 (« Ces petits riens »)
カナダ生まれのアメリカ人女性フォーク・ソウルシンガー。2008年6月のの『音楽の祭典』(la Fête de la musique)で一躍注目を浴び、”Imagine One day”は2009年春Play listで最も多く視聴された曲の一つ。2009年夏のツアー
(Francopholie, Montreux…)で大ブレイク。

- イブライム・マールフ (Ibrahim Maalouf), « Requiem pour un con »
1980年ベイルート出身のfranco-libanais. 知識人、芸術家一家に生まれる。トランペット奏者・ピアニスト・作曲家・アレンジャー。クラシック音楽からジャズ・フュージョンまで幅広いジャンルをカヴァー。多数の有名ミュージシャンとコラボレーションしたが、2007年のヴァンサン・ドレルムのツアーへの参加が特に注目された。2005年から2006年にかけて撮影されたドキュメンタリー Soufle ! は出身地レバノンへに対するマールフの思いを詩的につづった秀作でTV5MONDEで放送され、Docnet films (www.docnet.fr) からDVDが出ている。
.
- アリアン・モファット (Ariane Moffatt), « Fuir le bonheur de peur qu'il ne se sauve »
1979年ケベック出身の女性シンガー。大学でジャズ歌唱を学んだが、その後ポップス、ロックに転向。音楽的にはベン・ハーパー、バシュング、ケレン・アンらの影響を受けたと語っている。2004年FrancoFolies de Montréalでマチュー・シェディッド(M)と出会い、彼の誘いでフランスで音楽活動をするようになる。2006年にはパリのオランピア劇場でアラン・スーションと共演。2010年3月6日、パリのZénithで行われる第25回フランス音楽大賞 (25e Victoires de la
musique)で新人アーティスト・グループ、ステージ賞にノミネートされています。

- クールドピラート (Coeur de Pirate), « Je suis venu te dire que je m'en vais »
「海賊の心」というステージネームをもつこのシンガーの本名はベアトリス・マルタン (Béatrice Martin)、1989年ケベック生まれの女性シンガーです。母親はプロのピアニストで、彼女も3歳の時からピアノを弾きはじめ、コンセルヴァトワールに入学しましたが14歳でやめてしまいました。その後キーボード奏者に転向して。2009年2月シングル Comme des enfants がケベックでヒットチャート1位に。MyspaceやTwitterなどのメディアで話題になり、ヴァンクーヴァーオリンピックの公式スポンサーCoca-Cola とのコラボレーションは大きな注目を浴びて一躍時の人となりましたが、19歳当時のヌード写真流出などお騒がせな部分もあり、本人も「若気の過ち」と認めています。

- エミリー・シモン (Emilie Simon), ジャヴァネーズ (« La Javanaise »)
1978年モンペリエ生まれ。エレクトロ・ポップの作詞作曲家・歌手。コンセルヴァトワールで7年間歌唱を学びますが、この経験は彼女にとってあまり楽しいものではなかったようです。その後パリ・ソルボンヌで音楽学、l’IRCAMで電子音楽を学び、現代音楽のDEA(高等教育免状、現在はMaster)を取得しました。2003年に発売したアルバム Émilie Simon は2004年のフランス音楽大賞エレクトロニックアルバム部門最優秀賞を獲得しました。また2006年には映画『皇帝ペンギン』の音楽で同音楽大賞の最優秀映画音楽賞を受賞。翌2007年はアルバム « Végétal » で最優秀エレクトロニック・グルーヴ・ダンス賞と、受賞歴を重ねています。アングロサクソンのミュージシャンの影響も(Kate Bush、Animal
collective、Gossip、Gang Gang Dance etc.)強いようです。
[PR]
# by tv5monde | 2010-02-28 01:53 | 24時間放送 おすすめ番組

「真のサムライ達に会った」海で生きる日本人を撮ったフランスのルポルタージュ

2月27日(土曜日)13時放送の「LES NOUVEAUX EXPLORATEURS 新たなる冒険者達」は日本の海に暮らす人々を描いた、フランスカナルプリュス局のドキュメンタリー。私達日本人が気づかない面を発見させてくれます!

e0190343_15441291.jpg撮影は、2週間に渡り行なわれました。プレゼンテーターのジェロームをはじめスタッフは全員初来日。羅臼の流氷撮影から始まり、東京でのストリートフィッシング、千葉の魚屋ロックンローラー、浜松のプロフィッシャーマン撮影、伊勢の海女さん と列島を駆け巡りました。本当は、山口のフグ、日本海のブリ漁、茨城のアンコウも候補に上がっていたのですが、時間がなく諦めることに..

最もキツい撮影は、知床の流氷ダイビングでした。あんなに寒い経験は、めったにできるものではありません。流氷写真家の関勝則さんを5日間撮影。初日にカメラが凍り、使い物にならなくなり急遽レンタルを探しまわることに。潜ったカメラマンが凍傷で手がきかなくなり、関さんの助手に代りに撮影を御願いしたり..氷のタラ漁を撮りたいとジェロームが言いだし、朝3時に出る流氷漁船に乗れるよう交渉し、吹雪の中出港を待っていたところ結局漁が中止になったり..
しかし、流氷の美しさは格別でした。海の輝きと雪と氷がミックスした世界は独特で、海上に広がる氷の平原だけでなく、海底のエメラルドグリーンの氷が連なる流氷の下側の世界は、本当に美しいものです。


ロックを通して海の環境を守るよう訴える魚屋 森田釣竿さん との出会いも印象的でした。ディズニーランドが建設されたせいで、漁場がなくなり、お祖父さんが漁師をやめ魚屋に転身。かれは三代目ですが、東京湾の海と魚を危惧し、環境保全と魚の大切さを歌を通して世間に訴えています。コンサートでは、鮪を解体し、余す事無く食べることができることを子供達に説明。若者に訴える手段としてロックは効果大とのこと。
e0190343_15565710.jpg


伊勢の海女さんの芯の強さと優しさ、フィッシャーマンのプロ意識、森田釣竿の純粋さ、流氷写真家の自然を尊重し守る気持ちに接し、ジェロームは「日本人は真のサムライ魂をまだ持ち続けている。」と言っていました。
日本の海に生きる人々を、ぜひ、ご覧ください。
[PR]
# by tv5monde | 2010-02-27 14:05 | 24時間放送 おすすめ番組

ウィンタースポーツのフランス語

ウィンタースポーツの祭典冬季オリンピック。この機会にオリンピック種目をフランス語で何と言うかちょっと勉強してみましょう。

まずはスキー競技から
Ski alpin アルペンスキー biathlon バイアスロン ski de fond クロスカントリー combiné nordique ノルディック複合 ski acrobatique フリースタイル saut à ski ジャンプ 

次はスケート  patinage de vitesse スピードスケート patinage artistique フィギュアスケート  piste
courte ショートトラック 

そり競技は bobsleign ボブスレー luge リュージュ skeletonスケルトン

それ以外では、curling カーリング  hockey sur glace アイスホッケー surf des neiges スノーボード

とこれくらいでしょうか。各種目いろいろな用語がありますが、冬のオリンピックの華、フィギュアスケートはあすフリーが行われ、日本勢もメダルを狙える位置につけていますから応援にも一層熱が入ります。

スケートに関するフランス語で基本的なものは 
les patins スケート靴 le patinage スケート la patinoire スケートリンク un patineur/une patineuse スケーター

フィギュアで用いられる用語は 
les sauts ジャンプ l’Axel アクセル le boucle ループ le Salchow サルコウ le Lutz ルッツ le flip フリップ 
le boucle piqué トゥループ(チェリーフリップ) les combinaisons de sauts コンビネーションジャンプ ; 
les pirouettes スピン Debout アップライトスピン Assise シットスピン Allongée キャメルスピン les
pirouettes sautées フライングスピン ; les pas ステップ ; les retournements スパイラル  

これはほんのさわりの部分なので、興味を持った方はWikipédia の Patinage artistique と日本語のページを照らし合わせたりしながら検索すると、かなり分かりやすいです。
リンクはこちら 
[PR]
# by tv5monde | 2010-02-25 14:49 | こんな言い方・あんな表現

TV5MONDEでバンクーバーオリンピック!

バンクーバー冬季オリンピックも残すところ三日。毎日日本選手の競技結果に一喜一憂しているところですが、フランス語とオリンピックは切っても切れない関係にあります。
それはオリンピックの提唱者ピエール・ド・クーベルタン男爵 (Pierre de Frédy, baron de Coubertin) の功績に負うところが大きいですね。

国際オリンピック委員会 (IOC) はフランス語では le Comité international Olympique で、
オリンピックは les Jeux Olympiques 略して JO[ジオ] です。オリンピックの公用語はフランス語と英語になっています。開会式の各国チーム入場行進の国名はフランス語、英語の順にアナウンスされますし、各競技のアナウンスも両語で行われています。

バンクーバー五輪はカナダ先住民 (les autochtones canadiens)の参加が理念として掲げられ、オープニング・セレモニーは彼らにスポットライトが当てられる演出になりました。そして国旗掲揚のときモントリオール出身の16歳のジャズ・シンガー、ニッキー・ヤノスキー (Nikki Yanovsky) がカナダ国家『オー・カナダ』(Oh, Canada)をフランス語で独唱しましたが、これは地元バンクーバーを始めとする英語圏住民の少なからぬ反発を招いたようです。それにもかかわらず、ケベック州のシャレ首相が記者会見で「もっとフランス語、文化を反映してほしかった」と苦言を呈し、この問題は多言語・多文化国家カナダの事情とカナダ政府とケベック政府の微妙な関係を象徴するものといえるでしょう。議論は今後も続きそうです。

オリンピックと言えばどうしてもメダルに関心が集中しますが、金、銀、銅メダルはそれぞれ la médaille d’or, la médaille d'argent, la médaille bronze です。表彰台は le podium(発音はポディオム)表彰式は la cérémonie
de remise des médailles

各競技のフランス語は以下のバンクーバーオリンピック公式サイトをご覧ください。
こちらから


また、TV5MONDEのマルチメディアコンテンツ Cités du monde シリーズの Carte postale interactive Vancouver でヴィデオ・写真、文章によってバンクーバーの町と人々について知りながらフランス語を勉強することができます。
Cités du monde "Vancouver "

e0190343_8192143.jpg

TV5MONDEカナダ駐在員のブログはこちら

e0190343_820576.jpg


では、インターネットサイトを活用しながらTV5MONDEでオリンピック報道と番組を楽しみましょう!
[PR]
# by tv5monde | 2010-02-25 08:26 | テレビで学ぼうフランス語!
line

フランス語国際放送「TV5MONDE Japon」の運営スタッフによるブログ。TwitterアカウントはTV5MONDEjaponです!


by tv5monde
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite